アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
偽☆誰も得しないブログ(二代目)
ブログ紹介
こんにちは、こんばんは、いらっしゃいませ。きまぐれです。
日常のくだらないことや日常のどうしようもないことを書きます。
連絡先→friedrich0217@yahoo.co.jp 悪用不可。
zoom RSS

NAZOKAKE

2010/07/04 00:02
「あなた、ヅラですか?」とかけまして、「僕が今まで何をしていたのか」とときます。そのこころは、どちらも「しっそうだよ」

お後がよろしいようで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アイドル覚書1

2010/02/04 02:45
発想の前提にAKB48があることをご容赦ください。あと、すべて僕の偏見であることも。

根源的な疑問は、「あるアイドルに固執して熱狂する(異性の)ファンは何を目的としているのか」である。

恋愛対象としてそのアイドルを見つめ、いわば性的な目線でそのアイドルを欲しているのか。しかしもしそうだったとして、その欲求が満たされることはほぼ永久にない。そのことについてファンが自覚的でないと言い切ることは難しいのではないか。

ある種の親近感を求めている、というのは言えるのかも知れない。その程度にだったら現実にも可能な範囲であると言える。特にAKB48ならば、実際に会うことが比較的容易である。しかし問題はその先にある。その欲求がもし際限のないものであったならば、さらに加速度的に増えていくものであるなら、その欲求が満たされることはないばかりか、親しみを感じるに連れてさらなる親近感を求めざるを得なくなる。そしていつか、アイドル側が提供する「親近感」に限度が来る。そのときファンは何をもって充足するのだろう。その結果、おそらくは「アイドルに歩み寄る努力」をものさしに自らを評価していくことになる。もしそうならばこのあたり、資本主義の発展とよく似た構図を描いていないだろうか。

「自らがアイドルに歩み寄ること」が自己目的的になった頃、そのアイドルは実態を失い始める。そこまで自分が歩み寄っているのにもかかわらず、アイドルはある一線以上の関係をもとうとしない。しかしファンの中でそのアイドルは既に相当近しい存在でなければおかしい。このギャップを埋めるために、ファンはアイドルを「でっちあげる」、つまり自らの妄想を作り上げるほかなくなる。努力の対象がそこに存在するアイドルから昇華した、虚像になる。そして現実では表面上の付き合いに見えても「自分たちは心で通じ合っている」という感覚を得るようになる。ファンの中でこの状態までいったアイドルのことを、真の意味での偶像という意味を込めて「」付きで「アイドル」と呼ぶ。

ファンはその時点で、「アイドル」と共依存的な関係になる。あとはその関係を崩さないよう、努力を続けていくだけである。それがファンの目的になると考えられる。


ひとつもデータを用いない、ある種演繹的なアイデアですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生きていますよ

2010/01/20 14:54
ニコラジも聞かないし生放送も見ないしツイッターも読まない、ブログのきまぐれだけを追いかけているという稀有で変態的なあなたへ。ブログだけを見れば、きまぐれ死亡説が流れてもおかしくないほどの更新頻度ですが、僕はちゃんとここにいます。こうして気が向いたときにのみここに戻ってきて文章書きます。

最近の私は、上に書いた3つの活動を主にしています。ニコラジにメールを送る人、「誰も得しないコミュ(二代目)」で生放送をする人、ツイッターに雑多な日常を投稿する人。それなりに充実しているともいえなくもないですね。ブログファンという方は、せめて生放送にでも顔を出していただけるとありがたいかなと思います。

びっくりすることに、それぞれの段落が140字前後に収まっているという。これ以上長い文章を1単位として書くことができなくなっているのかも知れないと考えると裏寒くなります。ツイッターのネガティヴはそこかなぁ、と思います。たまにはこうして長文リハビリをしないと、「本業」に支障をきたしてしまいますので気を引き締めますね。

つーことで、久々のブログ終了。中身がすっからかんなのはご愛嬌です。ではまた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたの地域は明けましたか?

2010/01/01 01:52
僕の地域は明けました! 2010年もよろしくおねがいいたします。


で、もう、いいでしょうwww わたくしきまぐれ二塁審判は!

本意気でええと思うねん!「2009年度メール職人大賞」を頂きました! うひゃっほーい!!

正直言って「メール職人」なんていう大層なものではないのですが、2009年の特に下半期に自分がやってきたことを認めてもらえた気がしていて、異常に嬉しいです!

本意気に限らず、ニコラジに届くメールの多くが他のラジオのパーソナリティのものであるという現実の中、メールだけ送る奴がいてもいいじゃない精神で行ってきた活動が評価されたものだとかってに解釈しております。拡大解釈もいいところですが、そう思わずに入られないほど嬉しいんですwww

それと、「2009年度怖い話大賞」のほうも、最終選考まで残った! でも大賞を逃したくやしさより、推薦文が存外3人にウケたという嬉しさの方が優っております。あれは、実は自分なりにものすごく計算した結果としての文体だったのでその分不安もありましたが、受け入れてもらえてよかったです。

ではまとめにかかりましょう。以下、きまぐれが一度でもコンタクトをかけて2009年にお世話になった方々。


「本意気でええと思うねん!」プロジェクトhonikiのお三人(ごっとさん つっちーさん くーるさん)

「ジョニー上野のわがまま白たぬき」ジョニーさん 上野さん

「鰯雲ラジオ」ラ_サディーヌのおふたり(佐藤さん 小林さん)

Special Thanks  genneiさん 黒居にゃんこさん 水玉ひよりさん 名無しさん

「みずたまらじらじお〜みずたまどろっぷちゃん〜みずたまぶろっくばすたー」 みずたまさん


みなさまにとって2009年がとても良い年であったこと、そして2010年がさらに楽しい年になりますよう、心よりお祈りして感謝の形とさせていただきます。今年もどこかでお会いしましょう!

そして僕のことを知っているのに僕はあなたのことを知らないという、そんなあなたにも最大限の感謝を! 今年は何か絆を作ることができたら嬉しいです! それではまた。


きまぐれ二塁審判
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


140字はあふれるからこっちに

2009/12/31 00:38
本日、いやもう昨日になってやがる。昨日の昼過ぎから、中学の時の友達の家に行って7時間グダグダしてきました。

僕は高校に入ったのと同時期に今の家に引っ越してきたので、自動的に久々の帰郷チックな感じになりつつ。向こうで生放送するのも考えてたんですけど、いかんせん、コミュの問題が。。。。

あ、そんなことより驚いたのが、友達の家からの帰りに駅前のマックに寄ったら、小学校のとき仲良かったやつの妹さんがバイトしてたんです。そいつの家には昔からよく行っていて妹さんのことも何度か目撃していましたが。

よくもまぁ、ご美人さんになり遊ばされまして、という感じでした。俺の記憶の中ではずーっとホビット族ぐらいの背丈だったのにね。俺も年を取りました。こういう事で実感しますね、もう「空想マトリックス」をしながらチャリで町内3周してたあの頃の自分には戻れない・・・・。


ツイッターと違くてこういう意味のない寄り道情報を書くことができるのがブログのいいところですね。それと本意気&ソモサンはもちろん聞きました! まだという方は、なんでこんなもん読んでんスか!!

ちなみにきまぐれは「怖い話大賞」の方に投稿しております。渾身の力で文章書きました。


(補記)
不本意ながらもう一度コミュニティを作成しました。こんなところまでチェックされている方は、登録しても実害ゼロなのでとりあえず登録よろしくです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009きまぐれ大反省文

2009/12/26 00:52
さてさて。というわけです。2009年の始末書を書きますよ。

「きまぐれ二塁審判」さんがはじめてはじめましてをしたのは、2009年の6月頃だったと記憶しています。ですからまだ生後6ヶ月の足ブルブルベビーなわけですね。それにしてはこの半年、見違えるようにいろいろなことがありました。

総括すれば、ニコラジという、若干せまめだけど温かみのあるコミュニティに参加、しかも能動的にコミットできたこと、それにつきるのです。みずたまらじらじおで初めてメールを読まれてから、いろいろなラジオさんにメールを使ってもらって、たまにはゲストにも呼ばれたりして、そのうち実際に見ず知らずの人と対面したりして・・・・。こういうことは、本当に生まれて初めての経験でした。

きまぐれさんは当初、自分もラジオ番組を持つつもりでいました。しかし、まぁ、そんな実力もないことと、後は技術的な問題もあって今は断念しております。
そういうことがあって、まぁ自分で言うのもなんですが、かなり稀有な存在であろうところの「メール常連」になっている現実。これが今のように安定して自分の中で「当たり前」になるまでには、自分自身の身勝手な悩みもつきまといました。いや、過去形じゃなくて現在進行形で。よくもわるくも「出せばほぼ確実に読まれる」というニコラジの現状において、自分のメールが番組の障害になっているかもしれないという疑問は、まだ頭の何処かに引っかかっています。
このことについては、自分の中で結局ずっと決着がつかない問題だと思います。「気に入らなかったらスルーしてください」というメッセージを付け足すのが精一杯です。これは定型文のようにくっつけてるわけじゃなくて、僕の切なお願いです。採用されなかったのは少し寂しいけど、無理に使われて番組がめちゃくちゃになるのはそれ以上に嫌ですからね。

きまぐれは、あまり「いい具合」のふつおたやコーナーへのネタの投稿が上手ではないようです。自信の持てるメールを書けたことはまだ一度もありません。そんな人間がメールを送る意義が本当にあるのか、本当のところそこもよくわかりません。ただし、自分が書いたメールを他人が拾って読んでくれた時の嬉しさ、それは本当のものだし、その喜びのためにメールを書いているのは自分でもよくわかります。だからその「動機」がなくなったとき、そのときがきまぐれの引退の時だし、逆にそれまではずっとこのままの立場にいたいと思っています。

そして、鬼が大爆笑するけど来年の話。来年もきまぐれは、通常通り「メールを書く人」の立場を利用して他人様にコンタクトを取っていきます。で、じわりじわりと「はじめて」の番組にもメールを送っていけているのでこの調子でニコラジを席巻していこうと思います。一ヶ月ぐらい前に唐突にいった目標、メールした番組のコメントに「きまぐれwwwww」と打たれること、これはまだまだ生きています。ここまで読んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

というわけで、なんかよくわかんない反省文でございました。以上、きまぐれでした。


(ホントは1月から12月までのアーカイブ形式にしようと思ったんだけどやめました。そういう生放送をやる可能性だけ残しておきます)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日は誰か有名な人の誕生日

2009/12/23 23:12
らしいね。

えっと、ツイッターの更新ばかりをしていてブログはちょっとまぁあれしていたわけですが、これではなんかダメなんじゃないかという気がしてきたので、役割分担をします。

基本的にこっちでは、「きまぐれ二塁審判」としての活動、ニコラジについての記事に限定。逆にツイッターでは、きまぐれという名前をあまり気にせずに「僕」の日常を更新します。なのでこう宣言する以上、このブログの更新はこれよりも少なくなるかもしれません。ごめんなさい。ハマっちゃったんで、ツイッターに。まだアカウントをもってない方は、一度どんなもんか覗きにいらしてください。

というわけで、多分次の更新はもう少し年末に差し掛かった頃。本意気の更新がなされた後に、2009年のきまぐれ総決算をしようと思います。生放送、もしかしたらするかもしれないですが、やんないと思います。生放送恐怖症なので。

では、またなにかありましたらご連絡します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

偽☆誰も得しないブログ(二代目)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる